失敗するのが怖いは自分で作った幻

失敗するのが怖い。

って良く言ったりしてたけど
失敗するほどやってないのが事実。

失敗はいけないこと?

失敗は成功のもと

失敗は成功のもととは、失敗してもその原因を追究したり、欠点を反省して改善していくことで、かえって成功に近づくことができるということ。

※故事ことわざ辞典より

ことわざにもあるように失敗をすることによって改善していく。

失敗してもまたやり直せば良い。

じゃーなんで怖い。って思うのか。

 

過去に経験した何かで、失敗は悪いイメージがある

過去に経験したことの中に、失敗をして

とても嫌な思いをした
とても怖い思いをした
とても恥ずかしい思いをした

だからあまりいい思いをしてないから
失敗することは悪いことだと思っている。

 

自分を守るようになる

経験から自己防衛本能が働く。

プライドを守りたい
できない自分と知られたくない
バカにされたくない
許されない
かっこ悪いと思われたくない

と、人の目を気にする。

ただ、
そもそもできる自分と思われてないかもしれない。
バカにするって思ってるけど、本当にバカにする?
誰にも許されない?
かっこ悪い。失敗は本当にかっこ悪いのだろうか。

失敗がいけないことだったら
世の中の人、みんな許されない。はず。

まとめ

落ち着いて考えると

そんなに人は人に興味ないと思う。

失敗しているのをいちいち見てない。

それなら、

失敗するのが怖いというより
自分がやらない理由を並べているだけなんだと気づく。

失敗するかしないかはやってみないとわからない。
失敗するのが怖い。は自分で作った幻で怖くない。

自分が思っているほどには、誰も見てない。気づかない。

あとはやらない言い訳一つずつ消して前に進むだけ。

言い訳してる、それが私だからその気持ちは一度認めてあげて、

やるかやらないか。

やらないよりはやった方が、私が喜びそうだからやる。

お付き合いいただき、ありがとうございます(^^)