生まれた感情を無視するとどうなるか。

こんにちは!このブログの管理人、友紀です(//∇//)

前回の記事 ↓
生まれてきた感情を無視しないで!

を書いたのですが、

無視したらどう辛くなるのかを書いてなかったことに気づき、
今日はそれを書きます(。-_-。)

 

これは、私が自分との向き合いをしながら思ったことなので
結果から遡った感情の話です。

 

 

 

人との関わりの中で、色々な感情が生まれます。

これを無視し続けると人はどうなるか。


【感情が生まれた】

⬇︎ 無視

⬇︎ 無視

⬇︎ 無視

自分は価値のない人間だと思うようになる。


だから辛くなります。

 

その当時の私はそんなこと全くわかっていなかったので

 

何か感情が浮かんでくると
飲み込んだり、流したり、平気な顔したり、愚痴を言ったりして
とにかく自分の感情に向き合うということはしませんでした。

 

心の中はこんななのに。

 

向き合うということを知らなかったというか。
大した問題だと思ってなかったんです。

ところが長年無視され続けていると人はどうなるか。
そこにいるのに忘れられる、いない者とされるって考えただけで辛いです。

それを知らず知らずのうちに自分にやっている。

 

だから
自分が生きていてなんか意味あるのかとか、
楽しいことが起きるなんてもう思うこともなかったりとか、
自分のことを粗末に扱われているような気持ち
自分の人生もういらないな

なんて思ったりしていました。今思うと、よくこれで無視できてたなと。
いじけているとか拗ねてるとか、諦めてるという感じだったかもしれない。

 

ただ、今わかることは

自分が自分の感情を無視し続けた結果であって

誰のせいでもなく、自分が自分のことを粗末に扱ってたから

周りからも粗末に大事にしてもらえてなかっただけだなと思うのです。
相手は鏡というふうに言われたりする。

 

だから、そんなことにならないためにも

自分のことを大事に丁寧に扱ってほしい。
自分の感情を蔑ろにしないでほしい。
自分の感情を聞いてあげてほしいのです。

そうすれば、一つ一つ向き合えて自分のこと大事にしてあげられるから
存在価値がないなんて思わずに済むはずです。

私は一度そうなってから、向き合い始めたので
後から感情を思い出していますが、それでも遅くない。

存在価値がわからないっていう人は、自分を無視し続けているかもしれません。
一度、無視してなかったか思い出してみてあげてくださいね。

 

お付き合いいただき、ありがとうございます(^^)