自分勝手な思い込みが行動範囲を狭める

こんにちは!

このブログの管理人、友紀です(。-_-。)

さて、またまたいつもの(知らない?)

常識辞書シリーズ。

今日は『ヒトカラは淋しい人と思われる』です。

前に書いた記事
↓ ↓ ↓
人の目を気にすると行動できない?

人の目を気にして行動に移せなかったこと『ヒトカラ』

ヒトカラとは?

「一人カラオケ」を省略した語で、複数人で行われることの多いカラオケにおいて一人きりで部屋を借り、また歌うことを意味する語。(weblio辞書より)

書いてあるそのまま、一人でカラオケに行く、一人で歌うことです。

  

 

私、歌は好きで、高校生の頃は友達と学校帰りに週3、4日くらいは行っていました。
調子の良い時はフリータイムで1日中居たりってそういう時代でした。
新しい曲が発売されては、覚えてカラオケで歌う。そんな時間の過ごし方をしてました。

ところが、大学生ともなると歌を聴く時間も少なくなり、
カラオケに行くことが減りました。
学生で勉強しに行ってるのですから自然とそうなります。

たまに行っても、歌をそもそも聴いてなかったので新しい歌が歌えない。
何となく知ってる歌もサビやAメロというか、ドラマ主題歌で流れてる部分しか歌えない。

その頃には、人前で堂々と歌えなくなっていました。

歌を知らなくて選べない。
昔の歌は古いと思われる。
普段歌わなくなったから音を外しそう。

と全てそういう姿の自分を恥ずかしいと思っているわけです。

そうして、社会人になってもそういった理由で付き合いで行っても、
音痴だから歌いたくないと、一切人前で歌わなくなったのです。

歌うの好きなのに。

そうして歌わない時代が長く続いたのですが、

最近カラオケ番組が増えてきて、テレビで堂々と
気持ちよさそうに昔の歌を歌う人を観るようになりました。

そうするとムクムクと歌いたい欲求が出てきます。

けれど、人と一緒には行きたくない。(理由は以前のまま)
そして一人なら歌えるのに。という思考になる。

ここで更に、マイナスの思い込みが働きました。

『一人で行ったら、淋しい人だと思われる』です。

この思考でしばらく行けませんでした。

大学生の頃からの私の状態は人前で恥ずかしいや
一人で行ったら淋しい人と思われて恥ずかしいも
全て、自分の思い込み。

今となっては、その思考の方が自意識過剰で恥ずかしいのですが、
この考えを、他人について私がそう思っているという事実。

実際は、誰も私のこと、気にしてないんです。

仮に見られていて、思われたとしてもいいじゃないか。
歌うことが好き、一人で歌いたいのだから。音を外すって私なんだから当然あるでしょ。
行って歌いたいのだから、素直に行って楽しむ!ただ行くだけです。

やっとこの思考になり、ようやく『ヒトカラ』を楽しめるようになりました。

 

ヒトカラは私の例ですが、こういった自分の思い込みで行動できないことって
あると思うのです。
突破すれば、楽しめることがたくさん。やりたいことを素直にやりましょう。
そんな話でした。

 

 

私はこれを読んでくれている、一歩踏み出したい、何かないかなと思っている
あなたの話を私は聞きたいです。その時は私(タロット)に会いに来てくださいね。

友紀のセッションを受けてみたい方はこちらからお申し込み下さい。
クリック

お付き合いいただき、ありがとうございます(^^)