行動

努力を継続する3つの方法【努力が続かない人へ】

努力が続かない人
「努力を継続する方法が知りたい。
努力は苦しいイメージで、やっても続かないことが多い。
やりたいことを努力し続ける方法があるなら教えて欲しい。」

こういった疑問に答えます。

✔︎本記事の内容

・努力を継続する方法を具体的に3つ紹介
・努力を続けるための準備
・努力を続けるのに見つけること

努力が続かない人のよくある悩みは
「努力を継続するのは大変そう、苦しい」という点があると思います。

それをちょっとでもイメージ緩められたらな。
本記事では、私が実践している努力を継続する方法をまとめました。

 

このブログを書いている私は、
特別な才能はなく、努力して目標を達成させてる人間だと言えます。
これから書く方法で努力を続け、あげられる成果は2つ

・3歳から始めた趣味のピアノは、高校生から本気で頑張って音大合格
・社会人の習い事で始めた書道は、7年目で現在5段

どちらも継続させることが必要な種類のものです。
そして、努力もしないと結果は出にくいと思います。

とはいえ、方法が難しいものでは続きません。
実践しやすいことを、これから紹介しますね!

努力を継続する3つの方法【努力が続かない人へ】

努力を継続する方法を具体的に3つ紹介

1、小さく目標設定をしましょう

目標設定はすっごく大事です。

目標があってはじめて、努力をする意味があるからです。
どうなりたいか、どういう結果を出したいのか、など具体的に決めましょう。

✔︎目標設定の仕方
ただ目標を決めればいいということではありません。

オススメは
「毎日できるような、小さな目標にする」それを積み重ねていく。

大きな目標は夢もあり、やる気にもなるのですが
継続という視点からは向きません。

例えば、私のピアノ練習の場合
大きな目標として
「ショパン作の一曲を暗譜して弾けるようになる」だとします。

小さな目標の具体例
・一つ一つの音を確認する
・右手、左手を楽譜通りにそれぞれ弾く
・両手で小節ごとに弾く
・ページを通して弾く
・強弱をつけて弾いてみる

こんな感じでやることを少しずつ区切って毎日できることを増やしていく。
結果、「一曲弾けるようになる」
→暗譜も小さな目標をクリアしてる過程でできます。

大きな目標に向かっていくのは、成果が出るまで時間がかかります。
そうすると続かないということも考えられる。

ゴールに到着するまで続けることが目的なので
自分の現在位置、今出来ることを見極めて
ゴールから逆算し、「やり続けられる小さな目標」がいいんです。

人生の大切な時間を使うわけですから
スタート前に、まずは目標設定をしましょう。

2、好きなことをやりましょう

努力をするなら、好きなことをやりましょう。

イヤイヤやっていること、嫌いなことは続かないからです。

好きなことは、あまり考えなくても続いてたりしませんか?

「好きなことは続く」なんて当たり前のようですが、
好きなことをやってる人は元々努力・継続とも思ってないかもしれない。
嫌なことの努力だと我慢・無理矢理だから、苦しいイメージなのかも。

以前の私は、趣味は好きなことをやっていましたが
仕事はイヤイヤやっていました。生活のためだから仕方なくやっている。
毎日疲弊し、努力(我慢)を続けることができませんでした。

ところが、私の周りにいる好きなことを仕事にしている人達は
疲れるどころか楽しんでやっています。仕事が遊びって言う人もいるくらい。
生活のことを考えながらも、もちろん楽しく続いてます。

仕事や趣味なんでもそうですが、
好きなことなら多少大変でも努力できるし、続けられるんです。

仕事も続けるという視点で考えると、やはり好きなことを選んだ方が
いいですね。

続けるためにも、好きなことをやりましょう。

3、環境づくりは大事です

見落としがちですが、「環境づくりは大事」です。

私の経験上、同じこと続けていると飽きてくることがあります。
他のことに興味がいく、集中できなくなったりします。
なので、継続するためにはその事にふさわしい環境の方がいいからです。

例えば、こんな経験ありませんか?

テスト期間中に、勉強を始めようと思ったら机の上や部屋が
片付いてなくて掃除を始めちゃう。勉強やろうと思ってたのに。

掃除を始める理由は人それぞれあると思うのですが、

私の場合は、勉強をやりたくないから
他のことに気を取られてしまう、続けるのも飽きてしまってたんです。

でも、点数とるため(結果出すため)には一定期間の努力は必要です。
だから勉強を続ける環境づくりは大事だった。
→机には勉強に必要なものしかない。
→部屋は片付けることがないほど整頓されている。

これなら掃除できないし、他のものがないなら目移りもしなかったですね。

努力したいと思った時は、そのことに集中できる環境を作ってしまおう。

✔︎それしか目に入らないように、やること以外はない環境にする
✔︎家で環境が作れないなら、場所を変える(カフェに行くなど)
✔︎お菓子を無駄に食べるのをやめたいなら、買って家に置いておかない

など、自分が心地よく努力を継続できる環境づくりは大事です。

努力を続けるための準備

先ほど、努力を続ける方法で説明した目標設定と少し被りますが

努力を続けるための準備として
「スタートする前に、ゴール(目標)を決めておくこと」です。

目標が大きくても小さくてもです。

わかりやすいイメージであげるなら、「マラソン」

ゴールが決まってないマラソン。
あなたは、そのマラソンをスタートできますか?

スタートしたら永遠に走ることになります。

何も目的がなく、終着点もなくて永遠に走り続ける努力。
ただやる気がみなぎってても、やる気の継続だって大変。

ゴールがあるから、目的・目標があるから努力できる。

ただ努力するのには無理があります。
努力をスタートする前に、こうなりたいというゴールを決めておきましょう。

努力を続けるのに見つけること

目標の一つに、「こうなりたい」という理想像を見つけましょう。

営業の仕事なら売り上げの数字を追っていくのも具体的でいいのですが
理想の人を探すことをオススメします。

なぜなら、努力中に思うようにいかず
凹んだり、諦めそうになったりする時って必ず出てきます。

私の経験では、そんな時にこうなりたいという理想像を思い出すと
「もう少し頑張ろう。」って気持ちになれることがあったからです。

私はいつもこうなりたいという憧れの人が何人かいます。
そして将来の自分は、「こうなる」というイメージもあります。

具体的なことではないですが、努力を継続するのに有効です。
知り合いでも周りにいる人でもいいです。
自分の理想像となる人を見つけましょう。

まとめ

・努力を継続する方法を具体的に3つ紹介
・努力を続けるための準備
・努力を続けるのに見つけること

以上が、私の場合の努力を継続する方法でした。

そして、大事なことがもう一つ。
継続するのは毎日がいいです。積み重ねで成果は後からついてきます。

ただ、毎日毎日やり続けるのは、正直辛い、休みたい日も出てきます。
そんな時ほど、小さい目標です!
1時間でも、30分でも、10分でもいい。(時間じゃなくてもいい)
めいいっぱい頑張らなくても、できることを見つけておくことです。

私もそうやって、進んでいます。

あ、体調が悪い日は迷わず休んで下さいね!全力で休む努力をして下さい!

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。
誰かのお役に立てたら、嬉しいです!