行動

【努力は必ず報われる】結果につながる努力を4つを紹介

努力が報われないと感じてる人
「努力は必ず報われるって言葉があるけど、報われたことない。
努力って苦しそうだし、我慢しなきゃいけないのは嫌。
どんな努力すれば報われるんだろう?」

こんな疑問に答えます。

✔︎本記事の内容

・正しい方向を選ぶ
・当たり前に続けていることの中にある
・圧倒的な量をこなす
・質の追求をする

私が過去にやっていた
全ての努力がいい結果につながったわけではありません。

 

経験から振り返り、結果につながる努力のポイントについて
本記事でまとめました。

ここで示せるのは、私が努力して結果が出たもの2つ

・3歳から習い始めたピアノを続けた結果→音大に合格
・大人になってから始めた書道が7年目→5段

この結果を出すために、
私は、ただ闇雲に努力していたわけではありません。

 

どう努力して結果につながったのか。
どんなものか知りたい方は、ぜひご覧ください。

【努力は必ず報われる】結果につながる努力を4つを紹介

正しい方向を選ぶ

努力を結果につなげたい時は、正しい方向を選ぶことが大事です。

正しい方向はというのは、「好き・得意」です。
何かを身につけようと思った時、ただ闇雲に始めるのは正直もったいないです。

例えば、
■ もったいない方向 ↓

・球技が苦手なのに、バスケット部でレギュラーを目指す

・数学が嫌いだけど、数学者目指そう

極端に書きましたけど、これらはちょっと無理っぽい。

 

■ 正しい方向「好き・得意」↓

・球技が好き、特にバスケット!頑張ってレギュラー目指す。

・数字が得意で成績もいい。理数系の教科で大学目指そう。

こっちの方が結果が出やすそうですよね。

「好き」は特に努力という感覚すらなく、続けられることも多いです。

何か始めていて、
何年もやっているけど成果が見られなかったり、楽しくない、苦しいなど。

そのことは努力の方向が違うかもしれない。

 

探す時、始める時は自分にとって正しい方向か、
「好き・得意」かどうかを考えてみてください。

当たり前に続けていることの中にある

自分では当たり前にやっていることが、結果につながることもあります。

当たり前で、自分は努力している感覚はないけど
結果的には努力し続けているから、結果は出やすいです。

例えば、

・家の片付けは習慣化している。
いつも人に褒められたり、コツを聞かれる。

→ 片付けアドバイザーになる

→  片付け術のブログを書く

他にも片付けの本とかで結果を出している人たち、たくさんいますね。

自分で努力と意識していなくても
他の人から見れば、すごい才能とか
人から求められることだったり。

 

何かやろう探してるときに、好きや得意なことに比べ
当たり前にやっていることは、気付きにくいものです。

 

もし考えてみて、わからなかったら
周りの人に聞いてみるのもいいかもしれません。

 

当たり前に・自然と・無意識にできてしまうもの。

結果を出せることは、
あなたの中では「当たり前にやってること」かもしれません。

 

圧倒的な量をこなす

結果につなげるには、「量をこなす」です。

これはどうしても外せない。

私自身、結果が出たのは

・ピアノは音大に入るまでは15年
・書道は5段までは7年

時間にするとこれくらいかけてます。

世の中には、最初からうまく出来ちゃう人もいるけど
努力して、結果を出してる人はたくさんいます。

そして、結果が出るのは努力が必要だと言っている
努力家は圧倒的な努力量をこなしています。

 

他にも私が、ブログを始める時に
結果が出ている人から、こう言われました。

「まずは100記事書くこと」

スタートラインに立つための、分かりやすい量ですね。

 

私は1記事書くのに、まだ何時間もかかります。
その度にめげそうになりますが、量が足りないと
わかっているので試行錯誤しながら続けています。

 

結果が出ず、めげそうになった時は
「量はこなせているか」を確認してみてください。

質の追求をする

「質の追求」をして自分流にやらないことも大事です。

今回は、「質」=「教わる人・学ぶ内容」とします。

私の場合は

・ピアノ → 高校生から目指す音大の教授に、ピアノ技術を教わることにした

・書道 → 初段を取得後から、同じ書道協会で実力がある師範についた

ということをやっていました。

 

■ わかりやすいイメージとしては下記です。

東大合格したい → 林修先生に教わる

名前出していいのか、教えてる学科もよくわからないけど
東大卒の人に教わる方が、合格のポイントおさえた勉強ができそうです。

 

私のピアノや書道も、こんな感じで
ただ努力をするのではなく、重要ポイントを
知っている人に教わるということをしていました。

 

これは、いろんなことで言えると思います。

努力の「質を追求」をして、自分流の闇雲な努力はしないようにする。

結果を出している人から学ぶのが一番いいです。

 

まとめ

・正しい方向を選ぶ
・当たり前に続けていることの中にある
・圧倒的な量をこなす
・質の追求をする

以上が、結果につながる努力4つでした。

今回は、【努力が報われる】という視点でいい結果につながる方向に絞りましたが

・やってみる→成功する
・やってみる→失敗する

どちらも行動して得られる、大事な結果です。

成功だけが結果ではありません。
ただ闇雲に努力するのではなく、考えながらやることが大事です。

 

努力するポイントをおさえて、いい結果につながりますように!

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。
誰かのお役に立てたら、嬉しいです!