気持ちのすれ違いはなぜ起こる?原因と対処法のまとめ

とても仲が良い友達、お互いに必要で集まった仲間、憧れだった人、大好きな人・・・だったはずなのに、なぜか気持ちのすれ違いが起こってしまった。

そんな経験はないですか?

私にはあります。

どうしてこんなことになったのだろう。すれ違いから人間関係の問題になり、自分を日々悩ませる事に変わってしまう。

なぜすれ違いが起こってしまうのか。

すれ違いを感じたとき、どうしたらいいのか。

経験を元に考え、私なりの対処法をまとめてみました。

気持ちのすれ違いはなぜ起こる?原因と対処法のまとめ

 

気持ちのすれ違いってどういうこと?

そもそも、気持ちのすれ違いって何だろう。調べてみると以下のようなことが、言葉を色々変えてあがってきました。

人間関係などに不具合が生じること。

ギクシャクする。ほころびが出る。関係が悪化する。軋轢が生じる。溝が出来る。関係が気まずくなる。関係に亀裂が生じる。 など

 

私なりの考えは、二人、(または二人以上になるのかもしれませんが)お互いの、それぞれの思いが相手に理解されない届かない考える方向が変わってしまった。

当時はそんな感じがしていました。

ただ、自分だけすれ違いを感じている場合もあるのかな。と思ったこともあります。

 

気持ちのすれ違う原因は?

では、気持ちのすれ違う原因って何だろう。

それは、別々の人間だからなのではないかと思います。

それぞれ、育った環境、考え方、感じ方、その時の体調、当たり前と思っていること、大切にしている部分は人それぞれ。違って当然です。

このように考えれば、一緒にいても一つの事に関して考え方や感じ方はそれぞれ違う。

だけど何かその人の良いところ、好きなところ、考え方が同じ、考え方が違うけどそれはいいなと思った・・・その人と、その人達と一緒に居たいと思ったから、今はあなたの目の前に、近くに、いつでも会える状況にいるのですよね。

そこから一緒に居てみたら、何か違う。自分の考え方の方がいい、別の人の考え方の方がいいような、一緒に居れば居るほど違うところが見えてきて多く共感出来ればきっとそのままで居られると思います。

違うところが見えてきて、自分では受け入れられなくなったとき、気持ちのすれ違いが出てくるように思います。

 

気持ちのすれ違った時の対処法は?

気持ちのすれ違いは、別々の人間が一緒にいるのですから、起こってしまっても当然と思ってしまいましょう。

すれ違いが起こっていると感じたら、まず自分の気持ちを大切に考えましょう。

もともとは一緒に居たい人だった。けれど今はすれ違ってしまい、一緒に居たいのか、もう居たくないのか。人によってはどちらでもいいもあるかもしれません。

私は、その時の自分に正直に問いかけることをしています。

 

「あなたは、その人とどうなりたいですか?」

 

そして、一緒に居たいと思ったときの対処法があります。

すれ違いっている部分を修正したいと考えます。すれ違いを感じ、関係を修復させる為にまず正直に自分の気持ちを話すこと相手の気持ちを聞くこと

 

話し合うことです。

 

例えば、一つの事に二人で向かうことに決めたとき。この時点でしっかりとこの方向でやっていこう。この部分はこうで、この時はこうする。みたいな話し合いがあれば、どこでズレてしまったのかも話し合いしやすいです。

しかし、友達や恋人、仕事仲間。関係性はいろいろあると思いますが、なんとなく一緒にいるようになった、気が合うから一緒に同じ事を始めた。というのであれば、方向の違い、考え方、感じ方が出てきてしまうこともあります。

 

このすれ違いを感じたとき、早ければ早いほど修正しやすいと思うのです。少し様子をみようなどと時間を置いてしまうと、すれ違ったままそれぞれ進んでしまい、心の距離が遠くなってしまいます。

 

話し合いの時は、二人の意見が上下、勝ち負け、良い悪い、白黒、良い悪いではなく、それぞれの考えを正直に話すこと。これが大切だと思います。

それぞれの考え方を出し切った後、どうするのか、どうしたいのかを話し合えばいいのです。

 

修正と試みた後、修復出来た・出来なかったが結果として出ると思いますが、この方がずっと一人で悩み考えてモヤモヤしているより、気持ちが楽になるのではないでしょうか。

 

まとめ

気持ちのすれ違いとは、一緒にいる別々の人間の思いや考えが理解されない、方向が変わってしまうこと。

気持ちのすれ違う原因は、別々の人間だから。

気持ちのすれ違った時の対処法は、話し合いをする。

です。

最後に、気持ちのすれ違いが起きても、その都度小まめに修正(話し合い)をしていれば、もともとは気が合って一緒に居る人ですから大丈夫だと思います。ただ、このすれ違いに気づかない、対処出来なければ取り返せないのも事実です。もちろん修正を試みても修復出来ないときもあります。悲しくて寂しいことですが、その時はそれぞれの幸せに進めばいいのです。

すれ違いに気づく為には日々、その人に興味を持ち、観察も必要です。表情やしぐさ、話し方などなど、変化のサインは沢山出ているはずです。良い人間関係を築くにはとても大切なことです。何か違和感があったら聞いてみましょう。せっかく出会った人なのですから。

 

人間関係に悩んだときは、客観的な意見も参考になることがあります。タロットでは相手の気持ちを聞くというスプレッドもあります。もし、一人で考えたり、悩んだり、ただ聞くのが怖い、そんな時は、どうぞ私に相談しに来て下さい。

友紀のセッションを受けてみたい方はこちらからお申し込み下さい。
クリック

お付き合いいただき、ありがとうございます(^^)