占い

タロットデッキ紹介します!

こんにちは!このブログの管理人、友紀です٩( ‘ω’ )و

タロットを習う為に購入を考えたのですが、沢山種類があり、どれを買って良いのかわからず迷ったことがありました。

これからタロットを始めたい、買ってみようかなというあなたのために簡単にタロットの種類と使いやすいタロット、その後占い師を始めてから買ったタロットデッキ紹介します。

タロットデッキの紹介します!

タロットの種類

タロットカードの種類は、大きく分けて

「ライダー・ウェイト・タロット(ライダー版)」
「マルセイユ・タロット(マルセイユ版)」

の2種類があります。

※トート・タロットというのもありますが、使ったことがないため省きます。

 

ライダー版とマルセイユ版の違い

ライダー版の特徴

・大アルカナ22枚、小アルカナ56枚全てが絵札となっています。
・大アルカナの8が力、11が正義となっています。
・愚者のカードに”0”と番号がふられています。

マルセイユ版の特徴

・小アルカナ56枚がトランプのように4種類のマークと数字の数札となっています。
・大アルカナ、ライダー版と異なり、8が正義、11が力となっています。

 

おすすめタロット

ライダー版です。

大アルカナ、小アルカナ全てのカードが絵札になっているので、カードを見ただけでイメージが湧きやすいです。
世界で一番使われていると言われているカードなので、タロット解説本やネット解説している人が多いので、使っていて困ったときに調べやすいです。

 

タロット習い始めに買って、現在占い時に使っているのは
↓ こちらのユニバーサル・ウェイトポケットタロット

一般的な絵柄でサイズも女性にとっては扱いやすいサイズです。

世界のトランプ・タロット展

ニチユー株式会社が、期間限定で数百店にも及ぶ商品を展示・販売する「世界のトランプ・タロット展」を開催していることを知り、見に行ってきました。

www.nichiyu.net/event


棚に沢山の種類が並んでいました。

 

タロット展で購入したタロット

タロット・デ・マルセイユ
こちらは名前通りマルセイユ版仕様です。

ローラノーディック
こちらはマルセイユ版仕様です。

マカロン・タロット
大アルカナ8が正義、11が力のマルセイユ版。
小アルカナは絵札のライダー版仕様です。

ワンダーランド
こちらはライダー版仕様です。
絵がアリスに出てくるキャラクターを採用しているのでカードに特徴があり慣れる必要がありそう・・・

キャロット・カード
こちらはライダー版仕様です。猫をモチーフに大アルカナのみ。切り絵でとても可愛らしく美しいです。大アルカナのみの占いに使うのも良いですし、一枚引きの時など見た目でも楽しめそうです。

 

以上が、タロット習い始めの頃に買ったタロットデッキと後から新しく購入したタロットデッキです。色々なデザインのタロットが販売されていますが、それぞれマルセイユ版、ライダー版、他にトート・タロット(使ったことがないので説明を省きました)の3種類をベースに作られているようです。わかりやすいのはライダー版ですが、人それぞれ絵の好みも様々だと思いますので、自分が気に入るカードを探すのも楽しいですよ♪

お付き合い頂き、ありがとうございます(^^)