あなたは疲れていませんか?ジャッジして生きている思考の世界:その2

さて、前回書いた記事がこちら。
まだ読んでない方は是非読んでみてください♪
↓ ↓ ↓
あなたは疲れていませんか?ジャッジして生きている思考の世界:その1

「ジャッジしているから、疲れるの。しなくなったら楽だよ!」

相談相手はさらにこう続けました。

「例えば、嫌いになってしまった人。この人が自分の周りに100人いると想像してみて。
全部いらない、必要ないで排除できるまで続けるの?」

想像してみました。
1人でもこんなに大変なのに、同じこと100人にやることになるの( ;∀;)

途方もない。終わらない。
考えただけで、ゾッとして疲れてしまいました。

 

私のやりたいことはそんなことじゃない。
それは、はっきりとわかりました。ただ、どうしたらいいかわからない。

そこで、この気持ち、この疲れる気持ち、ゾッとした気持ち。
何かジャッジしようとした瞬間に思い出すことにしました。

どうしても気になる言動が見えてしまったら、ジャッジ発動してしまうので
まずは視界に入らないようにする。

出来るだけ、関わらないような状態にする!

それから、何に対して嫌だと感じたのか、
別の人が同じ言動をしたら、その時はどう感じるかなど。
ゆっくり自分の気持ちと向き合いながら考えてみました。

この向き合っている時間はまだまだ頭の中でジャッジしています。

繰り返していると、ジャッジすることが面倒に感じるようになってきました。
好きを選ぶのは楽しいけど、嫌いとか避けるなどの思考は楽しくない。

自分の楽しいことに使える時間を、ジャッジに使っている場合ではないなと。

ある日、また別の人がジャッジ思考から抜け出せるヒントをくれました。

「ジャッジを始めたら、3秒でやめればいいんだよ」

これなら簡単!完全にやめたいと思っているより、考えてしまっても思考を
切り替えればいいなら、出来そうでした。

ジャッジが浮かんだら、意識を自分の楽しいこと、考えたいこと、やりたいことに
向けることにしていきました。

そうしているうちに、切り替えるというより、そっちの方が大事になって
その人のことなどあまり気にならなくなりました。

正直、私は、その人が私が気になる言動をしなくなればいいのにって
思っていたのですが、これはとても自己中心的な考えです。

「私が、嫌な思いをしないように、変わってよ!」なんて言ったりしたら
冷静に考えれば、私の考え方もおかしいです。

その人にはその人の人生があります。

人を変えてしまおうなんて、簡単に出来ることではありません。
しかも、私のためだけになんて。

そう考えられたら、その人がどうしていようと、気にしない。排除はしない。
それがその人の生き方だから。

私は私で楽しいと思うこと、好きなこと、やっているわけだから。

 

そうやって、楽しいと感じられる方を選べるようになりました。

嫌だと感じる思考は無くならないかもしれない。
けれど、そこにわざわざ焦点を当てて良い、悪いを考えることもない。

自分に必要なものを選ぶだけ。それ以外はなんでもいい。

こんな思考になれた今は楽しいことが盛り沢山で起こってきます。
その人がいてもいなくても、どっちでもいい。

その人がいるから、楽しくないという考えは違ったんだって思える今は
とっても楽で、前よりずっと楽しい毎日です。

 

人間関係はいろいろあって大変かもしれません。話すことで気持ちが軽くなることもあります。一人で悩まず、是非相談しに来て下さい。

いろのセッションを受けてみたい方はこちらからお申し込み下さい。
クリック

お付き合いいただき、ありがとうございます(^^)